フォーエバービンビン!生涯現役でいるための対策

フォーエバービンビン!生涯現役でいるための対策

 

フォーエバービンビン!生涯現役でいるために対策していきましょう。

 

 

年齢を重ねていくと早い人で30代初めから、遅くとも40代後半からその症状が直にわかるようになります。
実感としてわかるのは、「回復力の遅さ」からではないでしょうか?

 

その後、夜の生活の中で起こりだす中折れ。

 

女性はそう言うのわかりませんから、「自分に魅力が無くなったのか・・」と暗い気持ちにさせてしまう事もあるでしょう。
そうならないよう、出来る限りの予防が大事なんです。

 

中折れの症状が出ている方の話で良く聞くのが、自慰行為には問題が無い事です。
そもそも中折れは、加齢により海綿体への血流を促す物質の減少で珍しいものではありません。

 

では何故、自慰行為にはそれほど支障がないのか?

 

その物質は脳による命令で血液を促すのに必要で、若い内はその物質が盛んに作られ問題はありません。
しかし、加齢による物質減少により脳による命令に対応出来る物質量は徐々に減り、脳の命令を妨げる事があると血流を促し続けることが困難になります。。
そんな症状が出始めると、

 

「また中折れになるんじゃないか」
「うまくできないんじゃないか」
「妻を悲しませないようにしたい」

 

等と頭で考えてしまうため、肝心の脳の指示がおろそかになってしまうという、悪循環に陥ってしまいます。

 

特に男性は性的な能力の衰えを感じると自信を無くし、余計に不安に考えてしまう為症状が出やすくなるものです。

 

その点、自慰行為には不安に感じる事がありません。
だからこそ、脳内の命令に妨げが無く中折れも無いのです。

 

 

中折れ防止に、精力をつけて不安を解消しようとする方がいます。
もちろん、それも大事な事です。

 

しかし前記した、加齢により減少した物質を今から急に増やす事は困難です。
だからこそ、今持てるものをフルに活用する工夫も大事なんです。

 

中折れ防止予防を簡単にするなら、やはり自慰行為が基盤になります。
普通にするのではなく、あくまで擬似行為となりますが寝る時に軽く触れながらその行為を目を瞑り一通り想像してみましょう。

 

特に通常、性行為にいたる時間帯であればなおさら良いと思います。

 

注意しなければならないのが、視覚による性的興奮に慣れさせてしまうことです。
AVや成人向け書籍になりますね。
ただし、小説系は逆に良い効果をもたらすそうなんです。

 

たくましい想像力と集中力を日々身につける事、これがまずやらなければならない中折れ防止予防の一つです。

 

それともう一つ・・。

 

決して一人では悩まないで欲しいのです。
必ずパートナーの方にしっかりとした説明し理解してもらうことが、なにより一番大事な事だからです。

 

二人で乗り越える事で不安を取り除き、より良い性生活を送るよう努力する事により、二人の絆も自然と強くなっていく事でしょう。

 

フォーエバービンビンでいるために先ずは悩まず、行動してみませんか?

 

カマグラゴールド